Home > blog > wordpressについての思い出話

wordpressについての思い出話

  • 2009-01-11 (日) 14:25
  • blog
Google Adsense

wordpress!

wordpressをそこそこ弄くりまわした経験があって、かつ初心者だった頃を記憶している俺が、ものすごく今更感の漂う話をwordpress盛り上がりに合わせてなんとなく書いてみる。

blogシステムに関わらずこーいったもんを引っ張っていくのは“そこそこ”の技術が使える層にいかに受けいれられるかだと思ってる。この層が使ってみて、tipsとかを放出していって、それを参考にどうにかやっていける層が付いていき拡大する、散々言われてきた事だと思うけど。
簡単な説明や豊富なtipsがあって初めてやってみようかなという導入部分になり、さらに人が離れないためにはカスタムするのに必要なドキュメントが整備されているかにかかっている。まずは俺がwordpressを触り始めた頃の昔話からしてみる。

英語ばかりのドキュメント

wordpressはよく最もドキュメントが豊富なんて言われたりもするが(使用人口からいってそりゃそうだ)、movabletypeに比べて圧倒的に英語の情報が多い。英語に苦手意識のある人間にとってこれは豊富とは言わないのを偉い人にはわからないようだ。
最近はそんな事無いって言う話もあるけど、本格的にテンプレートをいじろうとか考え出すと途端に少なくなる、少なくとも俺が使い始めた当時06年末?には書籍数も質も、バージョンアップに対応したものが出る速度も、完全にmovabletypeより遅かった。
wordpressを使ってる人の多くはphpくらいは軽く使えそうな人が多かったように見えたので、一々必死にならなくてもどうにでも出来たのかもしれない。(推測丸出し、でも恐らくあってる)
まぁこの手の技術系の話はやればやるほど英語とは無縁ではいられないが、これでは当然みんなmovabletype使うに決まってる。

wordpressが二つ!?

しかもそれだけでなく日本環境でのwordpressはwordpressMEという日本語に最適化した独自バージョンの様なものがあり、英語版のいわゆる普通のwordpressを日本語化したものとwordpressMEの二つが両立するような状態になっていた。
これは普及に関しては恐らく致命的な状態で、この良く似たこの二種類の日本向けwordpressが初心者を惑わせまくったし俺も何度もうんざりした。
MEは本体プログラムに手を入れているため、本家版のアップデートへの対応が遅く、ヴァージョンナンバーも違うのでpluginの対応を調べるのも面倒で、pluginもすんなりは動いてくれないケースも多かった。(日本語化するにはconfig.phpのjaとja-utf-の表記がなんだとか)
どういった歴史的経緯でこういう体制になったのか不思議に思った当時の俺は、日本語wordpressのフォーラムを覗いてみたものの、そこには丁寧な言葉遣いで喧嘩してるような独特な雰囲気が広がっていて何とも言えない気分になった。1
どうも昔のバージョンのwordpressは多国語対応が微妙だったり、shift-JISやEUCでの運用が困難だったが故にwordpressMEが生まれたと知るのはこの後だったが、utfしか使えませんとバッサリやってしまうのもアリだったんじゃないかなぁ、この辺どーなんだろう。

日本でmovabletypeに勝てなかった理由

以前のwordpressを使うには、日本語版wordpressが二つある混乱、いじろうとすると英語ドキュメントしかない、という二つの壁が立ちはだかっていたという事だ。
日本だけmovabletypeが…というのは静的が動的が、という話は実はそこまで大事じゃなく、単にmovabletypeの中の人や好きだった人とかが日本語での解説や書籍を充実させた、反面wordpress側はそれがmovabletype側に及ばなかった、どころかwordpressMEなんて物までこさえてしまった、だけの事だと思ってる。
個人的にパブリッシュの話はアクセス多けりゃmovabletype、そこまで多くないならwordpressでいいんじゃない、逆やるなら何かしら工夫が必要、程度に考えてる。

何か最近wordpressに風が吹いている、ように見える

しかしいつの間にか時代は移り、wordpressMEは事実上消滅し、SIMPLE*SIMPLEがwordpress移行に関する分かりやすい記事を書いた事で、一気にwordpress熱が高まっているかの様に見える。
元々wordpress2.5辺りからかなりインストールが簡単になっているので、あとはそれが知れ渡りさえすればいいという準備体制が整っていたので、この流れは満を持してといった感もする。
少ししか触ってないのでわからないが、movabletype4が3からのヴァージョンアップの必要性が感じられて無い人が多いぽい、という土壌まで整っていたのも拍車をかけたのだろうか。
おそらくSIMPLE*SIMPLE初め百式シリーズはmovabletypeに戻すんじゃないかなと勝手に予想してるが、このまま一気にユーザーが増えるかは自分好みに改良していくための日本語のドキュメントやtipsの充実具合次第だろう。2
また今後はさらにmovabletypeとの分化が進んできて、こんな対立構造の話も無くなるんだろうな、と言うか既になかったのに蒸し返したと言うか。

俺はたまたまこのblogを書き始めて最初のネタにwordpressの話題を書く事になったが、あまりコミュニティにコミット(使い方あってる?)しようみたいな意識はない。ただ自分の調べ物が少しでも楽になるように、もうちょっと普及して情報が日本語で楽に出揃うといいなーくらいには思ってるし、その一助になればラッキーとも思ってる。3
あ、それとかつてwordpressの調べ物で苦労したお陰で、英語の情報を調べるのに抵抗感が大分減ったのは意外な副産物だった。と言っても英語力は依然として高校赤点レベルだし、当時は英語の勉強したい訳でもないのにさせられて毎日イライラしてたけど。

  1. コミュニティでの貢献度とか功労者への遠慮とか、そういう妙なしがらみが日本語wordpressの一本化を妨げ、この手の話を誰も書かなかった(書けなかった)んじゃないかなぁ [戻る]
  2. まさかの自鯖運営!これだとかなり重さに対応出来そうだし、トラブってもそれをネタに記事を書きつつ乗り切りそう、はずれたかなこりゃ [戻る]
  3. 別にwordpressのblogにする気はないんだけど覚えが悪いので自分用備忘録として使ったpluginくらいは全部やろうかなーと今のところ予定してる。 [戻る]

Home > blog > wordpressについての思い出話

Calendar
« 2017 年 8月 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Search
ABM | AnotherBookmark™
heteml
heteml
amadana
amadana(アマダナ)
feed
Meta

Return to page top