Home > blog > Google Adsenseを始めてみた

Google Adsenseを始めてみた

  • 2009-01-28 (水) 2:37
  • blog
  • |
Google Adsense

google_adSense

Amazonアソシエイトのほうはひと段落、次は“Google Adsense”を始めて見る。
導入方法に関しては調べ方がわるかったのかAmazonアソシエイトはあまり見つからなかったが、Adsenseは沢山参考になるサイトが見つかって助かる。

ちなみにGoogleのヘルプへのリンクはGoogleへログインしてないと表示されないかもしれないです。

まずは情報収集

公式の解説はここで見れる
Google AdSense Tour

2chのスレまとめwiki、初心者用
Google Adsense 超入門

こっちは収益を上げるコツとか
THE Google Adsense (グーグルアドセンス/グーグル広告)

で、しょっぱなに参考にしたのはこれ
Google AdSenseの始め方 その1「審査を突破する」 – GIGAZINE
GIGAZINEで懇切丁寧に導入手順を説明してたので、これを参考にやってみた。
記事は2006年とかなり古いので若干違いはあるものの、さして問題なかった。

Google Adsenseをはじめる

Googleではいわゆるアフィリエイトの事をGoogle AdSense(グーグルアドセンス)と呼ぶっぽい。こういう独自呼称が一々初心者を惑わすね!
とりあえずまずは以下のアドレスから開始するようだ。

…まぁ申請はあっけないほど早く終わってしまい、なかなか審査が通らない事も多い的内容もあったんだけど、30分くらいで審査通っちゃった><
GIGAZINEの記事が掲載された頃に比べて、サイト内容を判別するプログラムが進化したのだろうか…と思ったけど、おそらくすでにGoogleのウェブマスターツールとか使ったり、サイトマップを送りつけたりしてたからだと予想。

ただ今回疑問に思ったのは、このblogはサブドメインなんだけど審査があるのでコンテンツがあるこのblogのドメインのほうがいいだろう、と思い申請したけれど…ゆくゆくは変えたい場合どうするんだろう。

同一住所でのアカウントは一つ – Google Adsense 超入門
Google のプログラム ポリシーに記載されているとおり、複数アカウントの運営は許可されておりません。 同一住所のご家族にて既に承認アカウントをお持ちの場合、共有していただいております。 ご理解ご協力の程、宜しくお願いいたします。

とあるようにアカウントを複数持つのはむずかしいようだし、サブドメインを同時に管理する方法はあるんだけど、逆のパターンってどーすんのかなぁ。
まぁ当面はこのドメインだけで困らないから、今後の課題にしよう。

プレビュー ツール

Google AdSense プレビュー ツールとはどのようなものですか。 – AdSense ヘルプ
Google AdSense プレビュー ツールとはどのようなものですか。

Google AdSense プレビュー ツールは、ブラウザのショートカット メニューに追加される機能で、Windows 2000またはXPの Internet Explorer 6.0 以上に対応しています。プレビュー ツールを使用すると、あらゆるウェブ ページで広告をプレビューすることができます。プレビューツールは簡単な操作で使用できるため、新しく作成したウェブ ページに表示される広告を確認したり、既存のサイトのページへ AdSense を導入するかどうかを事前に検討する場合に便利です。

Adsenseは自動的に表示中のサイトに関連性のある広告を表示してくれるんだけど、中には誰もクリックしねーよこんなの!みたいな情報商材丸出しのものまで表示されたりするようだ。Adsenseには指定した広告を表示しない設定を出来るので、事前にどんな広告が表示されるかがわかれば表示される前にシャットアウトできる、そのためのツールという訳…のようだ。けどwindows限定ぽい。

インストールはログインしたGoogle Adsenseのページ(管理画面のようなもの)の右上にあるヘルプから

広告のカスタマイズ › プレビュー ツール › プレビュー ツールをインストール/アンインストールするにはどうすればよいですか。

の順序で辿れば、説明と共にファイルへのリンクがあるので、リンク先を保存した後拡張子が.regであるのを確認し(違ったら変更、もしくは.txtを削除)ダブルクリックで自動的にレジストリを変更してくれるようだ。

プレビュー ツールをインストール/アンインストールするにはどうすればよいですか。 – AdSense ヘルプ

これで右クリックから“Google AdSense プレビュー ツール”を選択すると、表示されるであろう広告の一覧が出たりするのだが…、これIE専用じゃん><
まぁfirefoxに表示中のタブをIEのレンダリングエンジン(トライデントだっけ)で描画するaddon“IETab”を入れる事で、確認したいページをIEに設定したあと使えばいいんだけど…Googleの割には微妙な方法使うのなぁ。Chromeでも出来ないのかな、うーん。

とりあえず使ってみると、開始したばかりなのもあってまだ海外の広告しか表示されない模様。まぁしばらく経つと日本のものにちゃんと変わるらしいんで今はこれでいいや。
今後このツールも使いつつ、微妙な広告をフィルタリングしていき最適化を図る事になるようだ。

貼り付け用のコードを出力させてみる

“AdSense”→“広告の取得”→“コンテンツ向け AdSense”から、ちょいちょい設定してやればすぐ取得できる。
チャネル関係が少しだけややこしいけど、GIGAZINE読みつつ予め設定しておけば特に問題もなし。

しかしこんな気になるアドバイスが

Google AdSenseの始め方 その2「広告を最適化する」 – GIGAZINE
Google AdSense – 広告のフォーマット

代替広告というのは表示する広告がなかった場合にどうするか、という設定です。これは結構重要で、公共広告が表示されたり空白になったりすると悲惨です。

そうか悲惨なのか…という事で代替方法を“折りたたみ広告ユニット”という方法でどうにかする事に。

AdSense ヘルプ

何か面倒くさい手順だけどhtmlをダウンロードし、それを広告を表示する予定のドメインのどこかにアップし、“AdSense ユニットの編集”で先ほど設定したAsSenseの設定を編集する画面へ移り、“詳細オプション”の“代替広告、色”で別のURLからGoogle以外の広告を表示のラジオボックスをクリック、表示されるテキストボックスに先ほどアップロードしたhtmlへのURLを入力する形になる。
何かどこにアップしてもいいぽいので、今回はwordpressのthemesディレクトリ直下に突っ込む事に。
システム系のphpがあるディレクトリに入れとくのもすっきりしないし、かといってテーマフォルダに入れておくとテーマの削除とかの際消えそうなので、ここがいいかなと。

こんな感じで設定も終了し、書き出されたコードを貼り付ければ完成、という事になる。

出力されたコードにまたもや頭を抱える

さて晴れてコードを張れば済むだけになったんだけども(当然かけてる)、このコードがまたもやStrictで無い事が悩ませる。

Google Adsenseの出力するコード
<script type="text/javascript"><!--
adSense用変数
//-->
</script>
<script type="text/javascript"
src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">
</script>

こんな感じのコードが出力されて、張るとその部分に広告が表示されるんだけど、見ての通りjavascriptを呼び出して実際はここにiframeを挿入している。

Google AdSenseとHTML妥当性 – 徒書
# スクリプト適用後にiframe要素が挿入されるため、HTML 4.01 Strict、XHTML 1.0 Strict、XHTML 1.1としては妥当でない文書となる。
# また、そのiframe要素では仕様にない属性(vspace, hspace, allowtransparency)が使われているため、HTML 4.01 Transitional、XHTML 1.0 Transitionalでも妥当でない文書となる。

とあるように、このblogで現在使ってるテーマのxhtml1.0 Strictだけでなく様々なhtmlでvalidじゃなくなってしまうような感じになってしまう、これではStrictを諦めればいいってレベルではない。

きっと先人達がどうにかする方法を編み出しているはず、とググるとありました。

広告スクリプトを object タグで読み込む方法 : 亜細亜ノ蛾 – Weblog

別のファイルにadSenseを呼び出し、それをさらにobjectタグで呼び出す事でクリアしているようだ。
これによって広告のみ遅延描画でき、広告のせいで表示が遅いという問題まで解決出来るらしい。

これをwordpressにあわせてカスタムしたものも以下で紹介されている。
Google Adsenseをできるだけ最適化してみる : 今日の覚え書き Tickler’s bunkum days

しかし別ファイルにiflameが描画されたものを、objectでさらに読み込む…それってちゃんと表示される広告のマッチングがなされるのだろうか。
が参考サイトでは問題なく表示しているように見えるのでまぁいいか…。

またこんな方法もあった。
XHTMLでAdSenseを利用する

正直どっちの方法もグレーっぽいけれど、前者の方法は

Google AdSense を XHTML valid に : 亜細亜ノ蛾 – Weblog
(……)お問い合わせのサイトを確認いたしましたところ、現時点では、AdSenseの掲載にあたり問題がないことを確認いたしました。ただし、このご案内は以後の掲載において違反がないことを保証するものではございません。

Google のプログラム ポリシーに記載されているとおり、Google 広告の動作、ターゲットを変更することは許可しておりませんので、ご注意いただけますようお願いいたします。

ということで、あくまでも現時点では大丈夫なようです。

と、一応の了承は取れている模様。

とりあえず当面はこの、objectで代替する方法でいこうかと思う次第。

wordpressへの適用

wordpressの関連pluginでは“AdSense-Deluxe”が定番のようだ。

AdSense-Deluxe WordPress Plugin » Acme Technologies Zeitgeist

しかしこれに限らず基本的にwordpressのadsenseに関するpluginは“楽に挿入出来ます”的なものしかない。記事によって挿入したりしなかったりするとか、サイドバーに挿入する事すら困難な初心者なら使う価値はあると思うんだけど、俺は面倒なんで記事に全部最初っからはっついてるといいなぁ。
という事でテンプレートに挿入する事に。

使用してるテーマにもよるけれど、俺の場合は下記のような内容を、単一ポスト用のテンプレート(single.php)の記事のメタ情報が表示される下に挿入した。
さらにcssも少し追加。

single.phpに挿入するxhtml
<div class="google_adsense_post">
	<object data="<?php bloginfo('template_url'); ?>/○○○.php(adSense表示用に別で作ったテンプレートファイル名)" type="text/html" width="728" height="90">Google Adsense</object>
</div>
表示位置を調整するためのcss
/* google adsense */
div.google_adsense_post {
	margin: 0.5em 30px 1em;
	}

実はこれも問題がまだあって、上のほうでやった適した広告がない場合折りたたむ機能、これが働かなくなるんだよなぁ。
objectのheightを消しても内容物の高さに合わせて変化してくれないようで、どうしても妙な空間が出来てしまう。
objectかそれを包含するdivの背景にでも素敵な画像とか用意すれば微妙に解決するけれど、とりあえず今はこれでいいか。

これで晴れてadSense導入は成った。
支払いは$100.00到達してかららしいけど、何年後になるのだろうか。

Trackbacks (Close):1

pingback from FeedBurnerをちゃんと理解して使いこなす為の基礎知識 - atl*weblog 09-02-07 (土) 19:11

[...] enseアカウントへの移行なので、まずGoogle AdSenseアカウントを取得する必要がある。俺は先日アカウントを取得したので特に問題なく移行出来た。 参考:Google Adsenseを始めてみた – atl*weblog [...]

Home > blog > Google Adsenseを始めてみた

Calendar
« 2017 年 2月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
Search
ABM | AnotherBookmark™
heteml
heteml
amadana
amadana(アマダナ)
feed
Meta

Return to page top